どんなニュータウンへ行っても町の中心には「タウンセンター」と呼ばれる一角があり、そこには量販店を核とした商業施設が集まっている…というのが相場なのですが、この幕張ベイタウンは違います。
この町は500mほどのところにJR海浜幕張駅があり、その一帯は「新都心」の業務地区として大きな量販店も集積しているため、町の中にはこれといった大規模店舗がありません。その代わり、街区の1階部分には多くの個別店舗が入っています。そして町の中央にはベイタウン・コアと呼ばれるコミュニティ施設が…。WEBサイトを見ると、公民館、図書館、小ホール、子供ルーム(学童保育施設)が一体になっているので、千里中央にある「コラボ」のコンセプトに似ているでしょうか。僕が行った日には「ベイタウンまち育てシンポジウム」が開かれていました。
タウンセンターに商業施設を置かないというのは、これはすごい割り切りです。で外観がこれ。新しいってこともありますが、なかなかスタイリッシュ。町の一体感を保つためには公共施設がダサくてはダメなので、これはなかなかの頑張りようだと思いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る