藤白台の公社建替と阪急の線路を挟んで向き合うように、古江台では府営B棟の建替が進みつつあります。
府営のやり方は公社よりもっと細かく工期を分けていて、まず一棟(B6棟)を壊してそのあとに新しい棟(やはりB表示はなくなって3号棟)を一棟…。このやり方だと全部建て替わるまで歳月がかかりますが、一度に仮移転する人の数が少なくてすみ、ご近所とバラバラになりにくい…というメリットがあります。この3号棟は12階建。ゆるい傾斜の勾配屋根だったり、ベージュの濃淡のツートンだったり、藤白台の公社と似ていますね。2010年モードでしょうか。旧棟を壊す直前がこちら
旧棟の並行配置の中に一棟だけ新棟が混じって、旧棟も東向きに振っていたのですが、この新棟はなぜかもっと東に振っています。旧棟の後ろに大きな新棟が迫ると、なんだかお小遣いをねだっているようです
もうすっかりできているように見えますが、入居は夏ごろになると古江台の方から聞きました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る