ゴールデンウィークはニュータウン観光!

今年は陽春を飛び越して、一挙に初夏の暑さになってしまいました…僕は4月29日から6日間、東北・新潟と東京多摩のニュータウンを10ヵ所見て回ってきました。旅立った日は寒くて天気も悪く、しかも北方面に向かうので上着やら傘やら…ところが途中で急に暑くなってきて、リュックに詰めた上着は肩に食い込むわ傘は場違いだわ怪しいカメラは持ってるわ…足にマメを作ってへとへとになり、ぼろぼろの松尾芭蕉よろしく千里に帰着しました。
「全国のニュータウンを歩いて写真に撮る(たまにお話も伺う)」という行為は、仕事じゃないしレジャーとも違うし趣味としては確立してないし、本に書きたいけどちゃんとした計画はまだできてないし、なんだか手探りなうえに、遠くまで行って吹き降りだったりすると(なにやってんだろ俺?)と、ナキソーな気分になったりしますが、たま~には天はご褒美をくださいます。雨上がりの虹!…ここは盛岡市郊外の松園(まつぞの)ニュータウンです。
光るアスファルトに行儀よく並んだ街路樹と家並み…全国のどこでも見られるニュータウン的光景で、「ここがイワテケンですよ~」という気配などどこにも見あたりませんが、その奥にある生活は、さて…ニュータウンはどこも同じなのでしょうか?それぞれの個性があるのでしょうか?(それは「制服を着た人は皆同じか?」っていう質問と同じかなあ?ある部分は当然共通項があるし、同じ制服着てたって、個性が完全に同じになるはずもない。)
次回のブログからまた、全国のニュータウンを一緒に歩いてみましょう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る