遠くの町の仲間たち…鳩山ニュータウン(埼玉)

今話題のハトヤマです!…と言っても政治じゃなくてニュータウンの話。ここは埼玉県比企郡鳩山町の鳩山ニュータウン。っていうニュータウンがあるんですよ…。これは元からあった地名で首相の鳩山家とは関係ないようですが、Wikiによれば町役場には鳩山一郎の書いた「友愛」の書があり、現首相も昨年訪問しているようです。人口約10,000人。町名は鳩ヶ丘、楓ヶ丘、松ヶ丘。
というマクラはさておき、このニュータウンも前途多難なニュータウンとしてマスコミに報道されることが多いようです…(なんだかどうしても鳩山家とかぶっちゃうな…)というのはまず、都心から遠いこと。昨日ご紹介した、都心から45kmある高坂駅からさらにバスで、山の中に上るというアクセス。途中の坂がきつくてクルマなしでは生活できないこと。なのに高齢化してきていること。開発した民間企業が倒産したこと…
と、いったいどうなっているんだろう?と思って行ってみたのですが、きれいな町でした!たしかに坂はきついし(登坂車線がありました)年季もけっこう入っていますが、通りに住民の方が一生懸命花を植えていて、街路樹にもモクレンの花が…行った季節と天気が良かったのかな?
報道というものは、それはいろんなことを言ったり書いたりするでしょうけれど(だって社会に問題を投げかけるのが彼らの役目です)、間違えちゃいけないのは、仮に大変な状況があってもその中で頑張っている住民はいるし、希望はどういうところにもあるし、ニュータウンというものは、人口減少して高齢化していても、「まとまって住む」ということの心強さは、普通の町にはない強さがあるんじゃないでしょうか?
ぜひ友愛精神を言葉だけじゃなくリアルに生かしてほしいものだと、祈るような気持ちで坂道を下って次のニュータウンに向かいました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る