団地移転の風景-12.凸型ハウスの隠し味

もう見られなくなってしまうからと、(ふだんはやらないのですが)上から解体直前の団地群を見てみました。写っているのは、A3棟からA8棟までの範囲。左の2棟は公社の第3期建替範囲に、右の4棟部分は民間売却される再生地になります。団地の向こうは三色彩道。今年の紅葉はイマサンとは言え、きれいです!遠くに白く輝いているのは、国循
前にご紹介した凸型ポイントハウス。このアングルまで上がると屋根の形でよくわかりますが、左右対称ではなくて、少し斜に構えています。真ん中の列のA5・A6棟は左の住戸のほうが奥(北)に下がっていて、南面している幅も少し狭い。右の列のA7・A8棟は逆に、A5・A6棟とは左右反転の造りになっていて、右の住戸のほうが奥(北)に下がっています。
同じ型をリピートしているようで、細かいところ、凝ってるなあ!刺繍のステッチパターンを思い出してしまいました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る