遠くの町の仲間たち…花畔団地(北海道・石狩)

きょう大阪千里は初夏のような陽気ですが、こちらは2月に行った北海道ニュータウン旅行の続き。花畔。この地名は、簡単には読めません!正解はばんなぐろ。北海道に多いアイヌ語起源の地名のようですが、今の町名は「花川」を名乗っています。
ここ石狩市札幌市の北隣の郊外。吹田市が大阪市の郊外都市であるように石狩市は札幌市の郊外都市ですが、どこが市境だかわからないぐらい、市街地はつながっています。札幌市営地下鉄の終点「麻生」(あさぶ)からバスで行くのがメインルート。
花畔団地は231ha…ということは千里ニュータウンの住区2つぶんぐらいの中規模ニュータウンですが、500戸を超すURの団地もあれば道営団地もあれば戸建もあれば小さなショッピングセンターもあれば…石狩市役所までひっついています!(出張所じゃなくて)
この石狩市は大都市にしてぎりぎり海に面していない札幌市の隣で海に面していて、石狩新港の開発プロジェクトとこの団地の建設がほぼ同じころなので、そういった背景から「港への夢」を託して建設されたのではないかと思われます。産業開発をやったら住むところが必要ですからね。ふつう、ニュータウンを含む自治体の市役所は旧市街地にあってニュータウンには出張所しかないものですが、ニュータウンの一角に本庁舎があるのは珍しい…それだけ開発への期待が大きかったのでしょうか。
…というリクツはさておき、こちらは道営団地。レモン色の外観が雪の中で絵本のようです。URのほうはテラコッタのようなグレーピンクの外観で、URが住宅・都市整備公団を名乗っていたころのマスコットである「カモの親子」」が住棟番号にセットされているのも団地マニア的には見どころですが、それはこちらに初夏の風景が紹介されているのでごらんください!
広い石狩平野をまっすぐつらぬく幹線道路に、信号機はもちろん積雪地用のタテ型タイプ…。団地が並ぶ光景は日本…だけじゃなく世界どこにもあるようで、しっかり土地柄というものもにじんできます。
さて、ニュータウン住民の生活や人生は、似ているのでしょうか?違うのでしょうか?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る