「千里キャンドルロード2015」、無事終了しました。

千里ニュータウンの人口にちなんだ90,000本のキャンドル。行っても行っても行っても行ってもキャンドルの海!このスケール感を、とても僕の写真でお伝えすることはできません。(ほんとに伊丹発の飛行機で上から見たいぐらい!)千里キャンドルロード2015、11月7日、無事終了しました。(お天気も何とかもちました…なんと4年連続、翌日は雨!)「千里ニュータウンまちびらき50年」のイベントの1つとして始まって、今年は4年目。今年はとりわけ大勢の方に来ていただいて、千里の名物イベントとして輪が広がっているのを感じます。(公式サイトは→こちら
広い公園があるからできる、1,000名以上の方がボランティアが来てくださるからできる、豊中・吹田両市の職員や、協賛金を出してくださる皆さんの支えがあるからできる、アイデアと実行力のある市民が1年間かけて知恵と汗を出し合うからできる、これはまさに「千里ニュータウンならでは」のイベントなんです。4時間キャンドルをともしてさっと跡形もなく消えるあたりも、「万博の町」千里らしいです。
「ニュータウンはいまやオールドタウンでもう終わったもの…」とかいう論調がたまに見受けられますが、そんなこと言ったり書いたりしてる連中に「これを見てから言え!(書け!)」と言いたいです。人の思いが集まらなければ、こんなことできっこありません。これはまさに「千里への愛」の表現でしょう。
僕もスタッフの一員として、来てくださった皆さん、支えてくださった皆さんに心から感謝を申しあげます。だんだん来る人が増えている「千里キャンドルロード」、来年はどうなるでしょう?90,000本の根拠になっている千里ニュータウンの人口も、この秋の統計更新では10万人を超えてしまうかもしれません…(汗)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る