遠くの町の仲間たち…生目台(宮崎)

こちら宮崎の小さなニュータウン生目台(いきめだい)。2年前にも行ってるんですがその時はどうしようもない曇天で、せっかくプリティーな団地だったのに写真が冴えなくて再チャレンジ!遠くの町で晴れの日を狙うのは難しい~。基本週末しか行けないし、毎日天気サイト2つ見て、ぎりぎりまで飛行機もレンタカーも予約しないで、直前に降水確率が10%以下なのを確認してからぱっと手配!(日帰りです)

…にもかかわらず着いてみたらまた曇天で、ずっと張ってるといかにも意味不明の不審者おじさんにしか見えず(不審者扱いされたときのためにわざと目立つ服を着ていくようにしています)、外にいると第一あっつい!撮るアングルを決めて、近くにレンタカー停めて昼寝しながら晴れ待ち…(これがまたあやしい~)。夕方近くまで粘ってなんとか夏らしい一瞬が撮れました。

ここの集合住宅は囲み型で住棟も雁行させたり赤い屋根に住棟別に鳥や野菜の絵がついていたり、敷地も高低がつけてあり(バリアフリー的には×ですが)、とにかく凝っています!高さは2階建~4階建の組み合わせ。これが県営住宅。地方のほうが地価が安いためか住宅レベルは高く、東京や大阪では見られない凝った設計に出会うことがときどきあります。

あとこういう「撮り直したいニュータウン」がもう一つあるんですがそれは帯広…。これはさすがに日帰りはムリです。北海道の天気も同時に見てたんですが、7月もけっこう雨があるんですね…。

この投稿は2016年7月25日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る