来たぜ!アスタナ!(カザフスタン)

EXPO2017を追いかけて…と言うべきか、黒川紀章がマスタープランを描いた新首都(計画人口200万人!現在90万人)に魅せられて、やってきましたこちらは旧ソ連、カザフスタンのアスタナの夜明け。ここはどうやら、新首都全体が「ニュータウンみたいなもの」らしいのです…。

カザフスタンはモンゴルの隣で、はてしなく広い草原の国。国土は日本の7倍!そこに関西全体より少ない人が住んでいて、アスタナの人口は仙台ぐらい。北はロシア、南は中国にはさまれ、原油は出るわウランは取れるわ、世界のエネルギー政策がどちらに転んでも盤石の資源豊富国。その経済力と巧みな政治力で一躍発展しつつある中央アジアの若い国。だから万博もできるわけですね。テーマもまさに「未来のエネルギー」です。

夜更けに空港に着いて、さっそく英語もわからない(メーターもついてない)タクシー運転手にiPadで地図を見せながらどうにかホテルにたどり着き(われながら、ようやるわ…)、明けてきた窓から見た景色がこれ。逆光になってますが、真ん中の春巻みたいなビルは全身キンキラキン!その左は城壁みたいにカーブした巨大なウォール建築というのか…まあとにかく奇想天外というか、昔「鉄腕アトム」で見た未来都市がそのまま実体化したような都市です。

この投稿は2017年7月19日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る