すごい所に来てしまった…(カザフスタン・アスタナ)

万博にかこつけて新首都の都市計画が見たくてやって来た、中央アジアはカザフスタンのアスタナ!旧ソ連です。一夜明けた都心街がこれ…(万博会場ではありません)。いやー壮麗というかなんというか、デザインがんばってる感に圧倒されます。中央奥は大統領宮殿。左右のキンキラキンのあたりは霞が関のような官庁街とか銀行らしく、手前が集合住宅とかホテルとか。ずどーんと真ん中を貫く軸は大通公園と言いましょうか…。「国の顔」の部分だから当然と言えば当然ですが、めっちゃきれいに手入れされてます。赤や黄色に見えるのは花壇。少なくとも吹田市よりは行き届いてるな。

中央アジアと言えばシルクロードののんびりした雰囲気しかイメージがないと、2017年の現実はこんなことになっているのです。昔のテレビ見て喜んでたらあかんな…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る