囲み型の内側は遊び場(アスタナ・EXPO PLAZA)

アスタナの千里ニュータウン?「EXPO PLAZA」の囲み住棟の内側に入ってみましょう。ここは柵もなく、誰でも入れます。そう!まず「囲み型配置」になっているところが、ヨーロッパ的です。

カザフスタンは土地はいくらでもあるわりに、この団地の内側はコンパクトに造られていますが、囲み型の鉄則=「囲んだ内側は遊び場」になっています。左に見えている逆三角形のポールは、バスケットボール( 3on3 ?)のゴールのようです。

日本の団地で経済成長期に不足が問題になった「駐車場」は?…どこにも見当たりません。google mapの航空写真で見てみると、幹線道路沿いにわずかに駐車が見られるほか、やはり地下式になっているようです。日本だったら地下駐車場などすげー工費がかかるのでまずやらないし、しかもカザフスタンはいくらでも土地などあるのに、わざわざ地下式を採用しているあたりは、都市景観への考え方全体がハイレベルなのか?それともこの 「EXPO PLAZA」が高級物件なのか?…たぶん前者のような気がします。アスタナの交通事情(やたらと広くて公共交通はバス中心)を考えると、自家用車の私有を想定してないということは考えられません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る