千里ニュータウンエリアデザインワークショップ作品展(-2/2・展示解説1/14)

これももっと早くお知らせすべきの類ですが、ただいま南千里駅前の吹田市立千里ニュータウン情報館で、日本と海外の学生たちが描いた北千里の将来像について、こんな作品展(リンク)をやっています!

大阪大学、 ドイツ・アーヘン工科大学、アメリカ・ミシガン大学 の3大学合同で、60名の学生がリアルな場所を題材に昨秋、演習を行った成果発表。海外から来た学生たちも数日千里に滞在し、大阪大学のオリエンテーションを受けてグループで提案を作っています。

題材になっているのは、北千里駅前~UR青山台~青山台近隣センターの一帯。北小跡への複合施設建設計画など、現実が進行しつつある中での「学生の自由な提案」ですが、海外からも含め60名分もの知恵を集めた企画というのは貴重な「拡大地域資源」というべきで、これはこれ、あれはあれで北千里の現実がダサーい展開になってしまわないよう、地元民としては切に願うものです。

1月14日(火)19:00-には、このプロジェクトの柱である大阪大学・木多道宏先生による展示解説もあります!申込はこちらの下の方に。(きのう10日に問い合わせたら、会場にはまだ余裕がありそうでした。)

「学究の世界」と「現実」はなかなか簡単にマッチしないものですが、これはこれ、あれはあれではあまりにもモッタイナイ!関心のある方は、(とくに14日)ぜひ行ってみてください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る