千里ニュータウンを擁する吹田市・豊中市でも、コロナウイルス関係でイベントの中止があいつぎふさぎがちなこの頃ですが、春近いC74棟でも見て気分転換してください!北千里駅前のランドマーク。への字にゆるやかにカーブした優美な姿がみどころです。最近のマンションにもこれぐらい町並みへの気遣いがあれば…

C74棟は青山台ですが、このショットは藤白台から撮っています。

関連記事

コメント

    • 中村調子ノリ
    • 2020年 2月 24日

    いつ見ても美しいですね!

    このお写真は、昔でいうところのA21棟あたりの、
    現在のマンション(OPH北千里?)の高層階から撮影された感じでしょうか?

    カーブのあたりのお部屋って、どんな感じなのでしょう?

    C74棟を見ながら、いつもA10棟から青中に通っていました。
    中1の時は駅の側を、中3の頃には北公園の側を…

    友達が住んでいまして、何度か遊びに行ったこともあります。
    1/4/7/10にしかエレベータが止まらない(横につながる廊下(通路?)がない)のが
    子供心に変な構造でした。(アーバンライフは各階にエレベータがとまりましたから)

    以前、北千里の床屋へ行った際にC74の火災の跡を見て愕然としましたが、
    今はキレイに復旧されていますね。

    良い写真を掲載していただきありがとうございました!!

      • 奥居武
      • 2020年 2月 24日

      はい、撮影場所はそんな感じです。知り合いがOPHに住んでいるので上ったら絶景で。カーブになってる部分の住戸は、バウムクーヘンのピースのように左右の壁が扇状になっていて、ほかの住戸より広くなっているそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る