『あほんだら獅子』よ、邪気を払っておくれ!

この週末、千里は雨もよいですが、不要不急の外出をあきらめるにはいい天気かもしれません。桜は三分咲き。

こちらは1週間ほど前、千里中央公園に人知れず空をにらんでいる『あほんだら獅子』。1970年(ちょうど半世紀前!)、千里ニュータウンの完成を記念して設置されたアートのひとつです。流政之作。

千里が大変便利なロケーションにあるにもかかわらず開発が遅れたのは、大阪市内から見て鬼門の方角にあったから…ということもの理由であったとされていますが、このアートの趣旨はそのいわれを受けて、「鬼門を守る」という意味も込められていたとのこと。

鬼瓦やシーサーのように「怖いものを置いて厄を払う」のは、昔からの変わらない願いであり、ニュータウンという現代的な人工都市にそういった伝統的な文脈を持ち込んだのは、2020年春の今となっては心にしみるものがあります。科学的に考えて行動することはとても大切だけど、人間それだけじゃ落ち着かないんですよね。

この『あほんだら獅子』、あとから造られた豊中市立千里体育館の裏山のような位置関係になってしまい、いつもひっそりしていて「知る人ぞ知る…」という感じなんですが、千里をどうぞお守りくださいという願いを込めて、ここにご紹介します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 3月 31日

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る