北千里駅前と言えば、この建物。青山台になりますが、C74棟です。
1968年4月完成。11階建ての賃貸。住宅公団(現UR)が造った高層住宅のさきがけで、北千里のランドマークになっています。途中でゆるく逆「へ」の字型にカーブしているのがオシャレ。曲がってる部分の部屋は扇形になってるんだろうか…?
URでは空きの出た住戸をリニューアルする方針を採っていて、借りたい人はこちらのサイトから情報を得ることができます。
千里中央方面から長い坂を下ってくると、正面にC74棟の妻面が見え「ここが北千里ですよ!」と教えてくれますが、上ばっかり見てるとブレーキが遅れて前のクルマにゴツンコしてしまうのでご用心!
千里ニュータウン開発初期は高層住宅はまだ試行期であったためか、あまり多くは採用されていませんが、駅周辺と、開発後期の竹見台や新千里東町などには、14階建てまでの高層住宅が最初から存在します。もちろんエレベーターつきです。
駅に近い場所により人口密度を集め、周辺部を低く配置するのは、駅への平均到達時間を縮めるためと、都市的景観をつくるという観点から都市計画の「定石」とされるようですね。…という理屈はさておき、カッコイイ!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • oka
    • 2007年 5月 29日

    > 曲がってる部分の部屋は扇形になってるんだろうか…?
    はい、そのとおりです。
    私の実家とか、こないだ一緒にBBQしたY氏の元実家(うちの斜め下)は、部屋が四角ではなく、膨らんだ形をしているので、他の真っ直ぐなところより、若干広いのです。
    いやあ、なかなか鋭い想像力してるねえ。

    • 奥居武
    • 2007年 5月 29日

    なななな~るほど~。敷き詰めのカーペットなんかは注文しにくいですね。この部分の住戸が「若干狭い」のではなく「若干広い」というところがミソですね。ケーキを切ったときにピースがでかくて得した気分とでも言いましょうか…。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る