いつもの年ならブルーシートを広げてお花見をする人が大勢いる千里南公園ですが、今年は週末でも人影もまばらです(4月3日撮影)。

桜に交じって太い切り株をさらしているのはユーカリの樹。2018年9月の台風で南公園では多くのユーカリが損傷しましたが、その1本と思われます。掘り起こすこともならぬまま早や1年半。ここから芽吹くということは、もうないんでしょうね…

南公園ではこのほかにも多数のユーカリの残骸が残されています。この公園も1963年の開園から57年。植栽された木も老木になり、このように切り株になってしまったり不揃いも目につくようになってきましたが、ただきれいに揃えられた若木だけが意味があるのではなく、これもまた「ニュータウンの歳月」を教えてくれる存在のような気がします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る