バスの最終20時台の驚き

こちらは「藤白台二丁目」のバス停。ニュータウンにとってバス路線は「町の毛細血管」と言ってもよく、とくにクルマに乗らない高齢者には大切な足になっています。

ところが「コロナの影響で」、8月22日から土日祝日の深夜の便が「休止」となり、最終が20時台まで繰り上がってしまいました(反対回りのバスはもう1時間遅くまでありますが、それでも21時台です)。この「休止」は阪急バスの路線で広く行われている措置のようです(路線によっては、深夜でなく昼間の便を抜いている路線もあります)。

なぜ「コロナ」と、土日祝日の晩のダイヤ削減に関連があるのでしょうか?リリースには「ご利用状況に合わせ」と書いてあります。「乗るお客さんが減っている」ということですね。こんなところにもコロナの影響は及んできました。

千里ニュータウン内の路線バスの便数は、長期的に見るとだんだん減っています。2011年には「土曜ダイヤ」が「日祝日ダイヤ」に一本化され、かつ、平日早朝の便もカットされました。古江台・藤白台回りの76番・77番系統は、昔はデータイムは両回りあわせて1時間5本(12分毎)ありましたが、今は1時間4本(15分毎)です。

マイカーの普及や高齢化だけでなく、運転手不足も、全国的に課題になっているようです。そこへこのコロナ禍です。

それでもまだ千里ニュータウンは、再生策による人口増加もあり「よくもっているほう」と言えるのかもしれません。各地の郊外住宅地では、30分に1本…1時間に1本…バス路線がなくなってしまった町も多くあります。

土日祝の深夜便だけカットするというのは、利用の少ない部分だけ、できるだけ利用者への影響が少ないように考えた「苦心の策」なのでしょう。

しかしなんだか「町が田舎に戻っていく」ようで、寂しいものがありますねー。半世紀以上、バスの音を時計代わりに聞いて暮らしてきた住民としては、それは「町の鼓動」と同じなのです。

今回の措置は「当面の間、休止」なので、復活を祈りたいです!

関連記事

コメント

    • Tek
    • 2020年 9月 28日

    泉北でも、24時台の倍額バスがございましたが、最近廃止されました。
    駅からの最終は23時台になりました。

    • Tek
    • 2020年 9月 28日

    ちなみに千里では地域内格差はありますか。
    泉北ではあって、駅からの最終が昔から21時台の地区がございます。ニュータウンを抜けて、道が狭い旧市街の方に行く路線なので、騒音の関係かもしれません。

      • 奥居武
      • 2020年 9月 28日

      極端なニュータウン内格差はまだありませんが、かなり昔からバス便が減ってしまって、よく通るバス停まで徒歩で15分以上かかる地区はあります。梅田からの深夜バスは一時期ありましたが、なくなってしまいました。コロナ以前から、運転手が確保できなかったのではと思っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る