「一般財団法人 千里パブリックデザイン」を設立しました。

ニュータウンで育ってニュータウンが好きな住民になり、このブログを書き始め、いろいろな団体・グループに巻き込まれ、やがて日本や世界のニュータウン(的な町)へ「行ってみる」ようになり…だんだん「ニュータウンオタク」の重症度を増している私ですが、ついにニュータウンのために一肌脱ごうと、「一般財団法人 千里パブリックデザイン」を設立しました。WEBサイトは、こちら

何をする団体なのか?はサイトに縷々書きましたが…。行政と連携しながら、千里ニュータウンが紡いできた文化的資産、ソフトを再発見・継承し、未来のまちづくりに生かすため活動する市民財団です。

具体的には、南千里にある「吹田市立千里ニュータウン情報館」からの業務受託をベースに、「ニュータウンらしさ」をつないでいくための企画展や資料整備などからやり始めています。

同館に限らず、また千里に限らず、「ニュータウンのまちづくり」をテーマに広げていきたいです!

こういうとき、よく選択される組織形態は「NPO」…特定非営利活動法人だと思うのですが、考えるところあって「一般財団法人」を選びました。

この「アラウンド・藤白台」は、今後も私の個人ブログとして発信を続けていきます。「藤白台」という名前ですが、それは原点としての生活者感覚を忘れないということで、千里全般、日本のニュータウン、世界のニュータウンについても書いていきます。

理事4名、評議員4名、監事1名。最小限の単位で始めた小さな財団ですが、皆さんの広いご理解、ご声援、ご支援をよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る