梅雨の晴れ間、運動不足解消のため北千里から阪急吹田まで歩きました!歩くといろいろ発見があります。まずは「クルマが1台もいない中国道」(中央の4車線)。万博の年に開通してから51年、ただいま大改修工事中で1ヵ月以上も通行止め。すがすがしいです!ばっちり梅雨の季節ですが、きょうは天も工事の味方をしているようです。

この右側(北側)の東行車線を、1970年の万博開催中は北大阪急行の会場線が走っていたのですね。その間は左側(南側)の2車線を対面通行にして使っていましたが、無料の「中環」(大阪中央環状線)も並行しており、中国道は7月22日までは中国豊中ICまで、7月23日からも宝塚Cまでしか開通していない「盲腸線」でしたから、それで足りるとされたのでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 6月 03日

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る