UA-148035908-1

生まれたときのように

ついに解体のための足場が組まれた公社A19棟。最後のおつとめをしていた「入居者募集中」の垂れ幕も外されました。
僕はこの団地の建設中から憶えていますが、建設中もやはり周囲に足場が組まれていました。ただし40年以上も前のこと、当時の足場は竹と木材で出来ていたような気がします。昔の職人さんはその上をひらりひらりと、まるで芸当師のようでした。今はがっしりした鉄のジョイント…。やがてこの周囲に防塵用のおおいがつけられ、全体をすっぽりと隠してしまうでしょう。
藤白橋の上からこの様子をじっと見ている方もありました。ただ言葉もなく…

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る