多摩ニュータウンにあるパルテノン多摩の学芸員さんから「千里の建替事例の定点観測写真はありませんか?」という問い合わせがあり、2006年秋2011年秋に撮った写真に最新の写真を加えてお送りしました。

北千里駅のホームから見た藤白台の公社棟(OPH北千里駅前)と、その奥の分譲マンション(プレミスト北千里クラッシィ)です。

2006年、秋の空を撮るために空を広く入れて撮ったのが、2011年にはちょうど公社の新棟がドーンと入ってきました。それからさらに9年半が経過し、奥の斜面の上、右側、左側も建替が完了しています。

3枚を比較すると「ヌケ感」(view、vista)が失われてきたことは認めざるを得ませんが、その代わり、藤白台は若い住民と活気を手に入れたことになります。それは日本中で人口が減りつつある時代に、代えがたいものです。

50年前は5階建の団地で若い家族もたくさんいたじゃないか…と思われるかもしれませんが、当時に比べ、世帯あたりの人数が大きく減ったことと、一人あたりの居住面積が大きくなったことによって、建物を大きくしないと、同じ人数は入らなくなったのです。これはニュータウンだけでなく、日本中で起きた「暮らし方の変化」です。

ただしこういった建替が成り立つのは、千里の人気と、「始発駅の駅前である」という条件があってこそです。どこでも成り立つわけではありません。

パルテノン多摩の定点撮影プロジェクトは、2007年以来取り組まれ、大変充実したものです(WEBはちょっと新旧が比較しにくいですが…)。千里でも今一度、定点撮影、追いかけてみようかな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る