佐竹台の新築公社住宅レポート第6弾。
駐車場の屋上は共用の庭です。ウッドデッキが張ってあって、ちょっとしたおしゃべりに花が咲きそうなあずまやも…。
植栽部分の一部はまだあけたままになっていましたが、これは住民の方が気に入った花でも植えられるように…との配慮のようです。最近の民間マンションはガーデンデザイナーなどを入れてあまりに完璧に庭を作ってしまう傾向があるようですが、住む人が自分で工夫できる余地があったほうが、愛着も生まれるでしょう。
ただ実際の運用は、自治会の再編がきちんとできてから…ということらしいです。既存団地で3つあった自治会が建替で住んでいる棟が混ざり、新しく来る人、津雲台の公社棟からの移転の人なども一緒になって、新たなコミュニティを作らなくてはなりません。夢もあるけど、骨も折れる。この花壇にいろんな花が咲き誇るようになったら、人間も混じってなじんできた…ということになるのでしょうか。ガンバレ、佐竹台。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る