「ニュータウン人」、名古屋・高蔵寺に集まる。

5月17日(土)、名古屋郊外の高蔵寺ニュータウンで「第3回ニュータウン人縁卓会議」という集いが開かれました。
このイベントは各地のニュータウンに暮らす人間が集まって情報交換し、まちづくりや少子高齢化など、共通する課題を解決していこう…という集まりです。第1回は2006年秋に多摩で、第2回は今年2月にわが千里の藤白台で開かれました。午前中はタウンウオッチングのツアーもあり、「ニュータウンオタク」を自認する私としては、もちろん大喜びで参加しました。
今回集まったのは、多摩ニュータウン、筑波研究学園都市、高蔵寺ニュータウン、千里ニュータウンの4つ+神戸の西神ニュータウンが会場参加。会場はなんと、500人入るホールが満員でした!高蔵寺でも「ニュータウン」に関心のある人は大勢いるんですね。
高蔵寺ニュータウンは、千里ニュータウンに続いて1968年から入居が始まった、中京圏ではもっとも大きなニュータウンです。面積は千里ニュータウンの2/3ぐらい。計画人口は8万人、実際の人口はピーク時で5.2万人、現在が4.8万人。1980年代まで入居が続いたので、千里よりは10年ぐらい若い弟分と言えます。千里とソックリだったり「ここは違うぞ」という部分があったり…そんな高蔵寺レポートを次回からお届けします!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る