落氷雪に注意!(北海道・おたる望洋パークタウン)

密閉型の階段室の入口ガラスに貼り付けてあったこんな貼り紙…。
僕が訪れたのは8月・快晴・気温24度の日で、空は青く、内地のような猛暑や蒸し暑さもなく、どこまでもさわやかな一日でしたが、北の国で生活していく厳しさを垣間見た一枚でした。団地の軒下はそれだけ高い場所から雪が落ちてくるのですから、要注意は当然です。
定年退職して内地から転居を考えている人にも、「冬をこちらで一冬生活して越さないと…それから決めないと…」というのが地元の人のアドバイスでした。転勤族で北海道が気に入って住み着いてしまう人もわりといるらしいですが、こういった人たちの強みは、春夏秋冬を一通り(会社のお金で)経験してから方針を決めているので、冬の大変さにネを上げる…という挫折が少ないことだそうです。
そのデンで言うなら、北海道から大阪に転居を考えている人は「夏を大阪で一夏生活して越さないと…それから決めないと…」となるのでしょうか?北海道にいて大阪にあこがれてる人っているのかどうか、わかりませんが。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る