介護もついてるニュータウン(札幌ニュータウンあいの里)

ここ「あいの里」は1980年代からの入居で、千里ニュータウンよりはるかに住民は若く、この民間マンションの一角も真新しい…と言ってもいいぐらいの感じでした。(きのうのと違う、9/8のブログに登場したマンション群です。)
でもその1階にはこんな看板が…「介護つきマンション」と言うのでしょうか、これは最近のニュータウンの発想のようですが、最初から、高齢になっても暮らしやすいように…という工夫が織り込まれています。現地の案内板によれば、6棟あるマンションのうち、2棟が「ライフケア棟」と書いてありました。
人はいつか誰でも老いるのですから、要介護になっても同じ町の中で暮らし続けられることは、これからとても大切なことになるのではないでしょうか。
同じ世代ばかりが住んでいるニュータウンから、いろいろな世代が一緒に暮らせるニュータウンへ…。大規模更新期を迎えて、千里は舵を切れているのでしょうか?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る