北の国の納涼まつり(札幌ニュータウンあいの里)

気がついたらもう1ヵ月近くも北海道のニュータウンレポートを続けていますが、いろいろネタがあるもので…。実際に行ったのは8月のお盆前。
モールの広場では「納涼まつり」の準備をしていました。新しく造った人工的な町=ニュータウンでも(いや、だからこそ?)夏まつりってどこでもやるみたいですね。
ニュータウンは計画的に作った町であるからこそ柔軟性に欠け、商業施設が流通環境の厳しい変化についていけなくなるケースが多々あり…これは普通の町でもそうなのでしょうけれどもニュータウンでは特に…ここ「あいの里」では町がまだ若いことや商業施設が駅前にあることもあって、活気があるようでした。
晩まで時間があったら、ぜひこの「夏まつり」を見たかったのですが…!(そうすれば住民の年齢層なども「ある程度」わかります。)僕は次のニュータウンに行かねばならないのでした。
ちなみにこの日札幌は24℃。37℃とか言ってた大阪に比べたら「天国のように涼しい」はずで、大阪人の感覚では「納涼しなくても十分涼しい」はずだったんですが、陽射しは良好+体がすぐになじんでしまうのか、たしかにけっこう暑く感じられたのでした。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る