少し季節が夏まで戻りますが、佐竹台の府営住宅建替現場で目撃したシーン。
右手の一団のメタセコイアは、以前にもご紹介したのですが、覚えておられるでしょうか?こちらです。建替工事着手前のシーン(アングルは違います)。最近、仲間のブログ「ニュータウン・スケッチ」でも同じ写真が紹介されたので(もともとこのブログ管理者のyasuさんから送っていただいて掲載したので、無断借用ではありません…)、アンサー・ブログとして建替工事着手後の様子をここにアップします。
メタセコイアが千里丘陵開発前からの木であるはずがなく、団地造成とほぼ同時期に植えられ、40数年の時を経てこんなに立派に育ったということでしょう。ここのメタセコイアは「記憶のよすが」と言うか、町のシンボル・ツリーになるような特徴ある植えられ方をしており、団地建替で伐ってしまわないだろうな…と案じていたのですが、祈りが通じたのか?建替工事でも残されることになったようです。
手前の松林はニュータウン開発以前からの里山を残した一角で、こうやって少しづつ「景色の地層」が積み重ねられていきます。
この写真から4ヵ月がたち、今ではもっと工事が進んでいることでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • yasu
    • 2008年 12月 22日

    最新情報ありがとうございます。
    やはり、この府営住宅も建替えられるんですね…
    でも、メタセコイアは残されること。
    いつまでも、街のシンボルであり続けて欲しいなと思います。

    • 奥居武
    • 2008年 12月 23日

    4ヵ月前の写真なので最新でもないかも…。新しい府営住宅はこんな感じになるようですが、
    http://www.pref.osaka.jp/juusei/satakegaiyouban.pdf
    メタセコイアはどこまで高く育つのでしょう?

    • おーぼら
    • 2008年 12月 27日

    このメタセコイヤ群の中には胸の高さ(地上約130cm)での幹周りが2mを超える木=これを大木と定義したのです=が3本残されています。このURLに記されています。
    http://blog.goo.ne.jp/taiboku_2007/e/db0047ec2bfe60dde73dfe3f16e07b9a

    • 奥居武
    • 2008年 12月 27日

    調査おつかれさまです。地上約130cmというのは、幹周りを測るために手を回して抱きつける高さということですね?

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る