新しい公社住宅、OPH千里佐竹台の一角。左の棟が第一期分。右の棟からが第二期分。
このアングル、前にも撮ったことがあったな…と思って探してみたら、2007年1月に撮ったこの写真とほぼ同じ場所でした。
2006年春に吹田市立博物館で行われた伝説の?「千里ニュータウン展」で、退去が済んだ団地の一室に1960年代の暮らしを再現して話題を呼んだ「サテライト展示」があった旧A9棟が、生まれ変わったというわけです。一期分と二期分は地続きで造成され、境界はとくにわかりません。
工事の喧騒をくぐりぬけて、また新しい日常の歴史が刻まれ始めたのですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る