商店街も花いっぱい(北海道・恵み野)

駅から住宅街に向かう商店街。「やすらぎストリート」と名づけられたこの道も、花がいっぱいでした。
戸建住宅街の「ガーデン・コンテスト」から始まった「花のまちづくり」、学校や商店にも輪を広げて、ニュータウン全体が「花のまち恵み野」のイメージを演出するまでに育ちました。12000人の小ぶりなニュータウンだからまとまりやすかったという一面もあったかとは思いますが、歴史ある町ではなく、「何もない」ゼロから始めたことを思えば、皆さんの20年近くにおよぶ努力とアイデアは本当に感動モノです。「町の顔」を創ったのですから…
いまごろは雪に埋もれているのでしょう…「雪のニュータウン」もまた美しいでしょうね…。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • みっちゃん
    • 2009年 2月 03日

    商店街のお花もきれいですが、アーケードが変わっていますね。積雪や落雪に耐えられるようになっているようです。
    カフェたんぽぽの商店街にも花が咲き乱れるといいのですが。

    • 奥居武
    • 2009年 2月 04日

    そうですね、1階のアーケードの屋根が張り出していて雪の日もお買物ができ、しかもとっても頑丈そうです。ナナメになっているのはトンガリ屋根と同じ理屈で、雪が積もらないうちに下に落とすようになってるのでしょう…。吹田でもカフェたんぽぽから「花いっぱい」を広げてみたら、どうでしょう?園芸好きのおじさんおばさんをゲットして…

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る