この校舎、見たことがある!(筑波研究学園都市)

こちらは竹園西小学校。コンクリート打放しでなかなかモダン。1990年開校。竹園の中でも西地区は、千里に似ている東地区とは異なり、住宅も比較的新しいようです。
この校舎、関西ではJR京都駅や梅田スカイビルで有名な原広司さんの設計によるということですが、すごく千里の自宅の近所で見たことがあるような…平屋で教室から直接校庭に出られる構造、あかりとりの天窓を組み込んだ三角の屋根…これはわが母校、藤白台小学校の(元)低学年用校舎と同じ基本構造ではないですか!建設時期は20年以上違いますが…。千里の藤白台小学校では後ろはホールになっていますが、この竹園西小学校では中庭になっているらしいです。
建築がご専門の方によれば、こういった高低分離の校舎は広く見られるということでしたが…ひょっとして、千里から広がった?
千里ニュータウンは学校の設計も有名建築家にこそ頼んでいないですが一校一校デザインが異なり、かなり凝っているのですが、筑波研究学園都市でも、その凝りようはなかなかのもののようです。メンテナンスどうしてるのかな?
校地に入るアプローチが、大阪のように厳重な塀で囲われていないのも、うらやましいところでした。職員室からは校庭全体が見渡せます。ホームページもよくできてる!藤白台小学校のホームページは…。吹田市はちゃんと予算つけてあげてほしいなあ。
(実は竹園西小学校、すごくモダンな校舎なのに増築部分がプレハブで超つや消しなところも、藤白台小学校とそっくりなのでした…計画都市は維持が難しいです。)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る