広い道路に立派な街路樹、背後には団地も見えてやや弓なりになった歩道橋…藤白橋だっけ?
…と思ってしまいますが、ここは千葉県の成田ニュータウン。成田空港などで働く航空関係者の住まいを確保するために造られたニュータウンです。1972年の入居開始ですから、千里ニュータウンよりは10歳若いニュータウンということになります。
行った季節は、夏。筑波研究学園都市を見るために成田まで飛行機に乗り、レンタカーで行く途中に立ち寄りました。成田は成田不動尊もある古い門前町ですが、JR成田駅から旧市街地と逆の方向に出ると急に広いまっすぐな道路が続き、ニュータウンが近いことを思わせます。その道を進んでいくと、この歩道橋がお出迎え。
藤白橋より勾配はゆるいですが、設計の考え方は一緒です。道路中央部で大型車が通れる高さを取り、左右は階段でなくバリアフリーで下ろそうとすると、どうしてもアーチ型になってしまうようです。
たくましく繁った街路樹は、このニュータウンがすでに年輪を重ねていることを物語っています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る