千里中央公園の展望台から、千里中央方面を望む。
建設が追い込みに入った50階建のマンション「千里タワー」を中心に、左手前のライフサイエンスセンタービルが従者のように見えます(去年の夏にはこんな感じでした)。1992年にライフサイエンスセンタービルができた時には、「千里にも高いビルが建つようになったなあ!」と目ウロコに思ったものですが…
そのさらに右手前は、千里中央に近いため、千里ニュータウンの中で一番早く団地建替が進んだ新千里東町の新しいマンション群。建替前の団地よりは棟がまとめられ、建物も緑地も大きくなっているため、全体としては「ビルが高くなった」と言うよりは、「全体の景色が大きくなった」という印象を受けます。
そのさらに手前の竹林は、まさにこれこそ千里丘陵!…と思ってしまいますが、実は江戸~明治期に筍を採るために人が植えた「人工の景色」。都市の近くの風景は、いくら自然が豊富なように見えても、落ち着くところを知らないようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る