遠くの町の仲間たち…千葉ニュータウン

今年最後の「アラウンド・藤白台」は、2月に訪問した千葉ニュータウン。開発中の町を、夕日の中で自分の影を入れてパチリ!
あまりに広くて、町ができている部分が散らばっていて、一日で新浦安幕張千葉海浜と駆け足で回ったあとで日が傾いてしまい、「第一印象を掴む」ことしかできませんでしたが…。
この千葉ニュータウンがどれぐらい広いかと言うと、東西が18km!当初の計画人口が34万人!(その後計画縮小して14万人…)気宇壮大に構えたのはいいけれど、都心から遠いこと、鉄道運賃が高いこと、開発が経済減速期にかかってしまい(なにしろオイルショック以前に造成を始めて、バブル→バブル崩壊も経て、まだできていないのです…)、難航しているニュータウン計画の代表のように言われることが多いニュータウンです。
このニュータウンのために造られた北総鉄道では、開発がなかなか進まない中で少しでも収益を改善しようと?ドラマやCMの撮影に積極的に協力していることでも知られています。通勤型の電車が走っていて、空間やダイヤに余裕があって、(遠いとは言っても)首都圏にあるという条件は、撮影にはもってこいだからです。だから行ったことがない人でも、いつのまにかテレビや映画で千葉ニュータウンを見ているかもしれませんね~。
そんな北総鉄道も今まで「行き止まり」だったのが、来年は路線を延長して成田空港に直通することになっていて、京成の特急「スカイライナー」もこの路線を通ることになります。すると千葉ニュータウンは成田空港の玄関口になるので、どんな変化が起きるか?2010年は千葉ニュータウンにとって、大きな節目になるでしょう。
今年も多くのニュータウンを歩きました(まだ全部紹介できていません…)。千里ニュータウンでも建替がますますあっちでもこっちでも進み、一時も目が離せません。ニュータウン自身も、ニュータウンを取り巻く社会全体も、甘い状況じゃないことはたしかですが、そこで暮らしている人たちがいるかぎり、(状況をごまかすのではなく)何かの希望はあるんだということを来年も見つけていきたい…。それが「ニュー」の精神じゃないかと思うからです。
来年も日本中(いや、海外も?)のニュータウンを歩きたい。ニュータウンに暮らす皆さん、ニュータウンに思いのある皆さんにとって、いい2010年が訪れますように…。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • tcp1pp
    • 2015年 3月 01日

    仕事の関係で近々千葉ニュータウンに行ってきます。どんな所か楽しみです。それにしても運賃高いなー!!これじゃ定期代は自腹で出せないよ。会社が通勤費負担してくれる人でないと住めないですね。

    • 奥居武
    • 2015年 3月 04日

    千里ニュータウンと一字違いで大違い、大きくて荒削りな魅力に出会えることでしょう。作り始めたのは古いので、建物はいろんな時期のがあります。北総鉄道は成田方面につながったので、多少は活気が出てきているでしょうか?

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る