遠くの町の仲間たち…千葉海浜ニュータウン

千里育ちにとっては、こういう5階建・階段室型の「団地」を見るとほっとしますね~。
こちらはJR京葉線、東京からディズニーランド~新浦安を過ぎて、海浜幕張も過ぎて、検見川浜~稲毛海岸の周辺に広がる千葉海浜ニュータウン。JR京葉線が通るずっと前から造られて、千里ニュータウンよりほんのちょっと新しいぐらいです。…ということで、高齢化も進んでいるようです(千里よりは若いと思うけれど…)。この町は団塊世代の人が人たちが多いようです。大半が中層団地と戸建、ごく一部、駅前に高層…という配分も千里に似ています。
松林の公園の向こうは、光る海。この町じたいも埋立地なので地形はほぼ平坦。パステルカラーで色分けされた団地が、海沿いの景色にお似合いです。
古くなったニュータウンと住民の暮らしをなんとかしようと、千葉大学の関係者がNPOをつくって、学生やアーティストを団地に住まわせたり、近隣センターにコミュニティカフェを作ったり、いろいろな試みをしているようです。若い人が団地に入ってくるのはイイコトだと思うな~。若い人にも勉強になりますよ。がんばってほしいです。
(前にご紹介した幕張ベイタウン幕張新都心は、もともとの計画は千葉海浜ニュータウンと一体ですが、開発時期が20年あまりもずれたために別の町として扱われることが多いようです。)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る