キュビズムの町?(千葉・幕張ベイタウン)

ひさしぶりに千里を離れてほかのニュータウンの訪問記いってみましょう。ずいぶん溜まっているのでどこにしようか迷ったのですが、今までいろいろ行った中で景観ビックリ度No.1幕張ベイタウンにご案内します(訪問は今年2月)。
ここは京葉線海浜幕張駅の海側に広がる広大な埋立地に1995年から入居開始された若いニュータウン。千葉ロッテマリーンズの本拠地でもあります。
この町の最大特徴は、すべての街区がぴったりした「囲み型」の配置で、建物に囲まれた中庭がコミュニティの広場になっていること。中庭(パティオ)にちなんで「パティオス」という町の愛称もあります。電柱はなく、駐車場の多くは地下で処理され、カラフルな壁面と凝ったデザイン!壁が折れ曲がって飛び出していたり、まるで近代絵画の中に入り込んだようです。これ、集合住宅なんですよ。ここは中庭へ抜ける通路に池をあしらってますが、人工竹林があったりフラワーガーデンがあったり、ブロックごとにいろんな試みがあります。賃貸と分譲、両方あるようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る