バンクーバーに来ました!(西神ニュータウン)

きょうから冬季オリンピック…ということでさっそくバンクーバーへ行ってきました!バンクーバー…村…カタカナで書いてあるやん…(左下)。
ここは西神ニュータウンの一角…つまり神戸です。わずか13戸のバンクーバー村。このニュータウンの成り立ちや見どころをまとめた本『西神ニュータウン物語』によれば、日米貿易摩擦が問題になったとき、輸出超過の均衡をとる…という政策の流れの中、北米の住宅を導入してまちづくりのひとつのモデルにもしよう!という試みで、この一角が造られたそうです(1989年)。
ただ家を輸入しただけでなく、大工さんを呼んで、電柱は地下埋設にし、管理手法も導入し、建築協定も結び、10年後には協定更新もして、築後21年を経た今も美しい町並みを保っています。街区の道路はクルドサック(行き止まり)方式。これは藤白台にも多く導入されている方式ですが、ここのほうがずっとオシャレだなあ…。神戸と大阪の違い、というより時代の違いでしょうね。
このバンクーバー村の隣にはシアトル村もあります。シアトルは神戸市の姉妹都市ですが、バンクーバーが姉妹都市なのは横浜市だなあ…。
この3年後(1992年)には神戸三田の国際公園都市に「ワシントン村」が建設されましたが、その日本離れした敷地構成に比べたら、ここはまだコンパクトにまとまっています…って、十分日本離れしてるか…。
「ニュータウンは実験都市でもある」ということを刻みつけた、一見の価値あり!のバンクーバー村でした。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Tek
    • 2020年 9月 28日

    ここは西神中央の南西部ですよね。
    先日訪れたときに偶然迷い込みました。
    泉北ニュータウンのすぐ隣にもアメリカ(?)直輸入の家の街がございます。
    是非訪れて下さい。

      • 奥居武
      • 2020年 9月 28日

      泉北行きたいなと思いつつ諸事に追われています。伺うときは、ぜひ教えてください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る