ハイテク駐輪システムに迫る(上海・浦江鎮)

ICカードで「ピ!」と自転車が借りられるサイクルシェアリングのシステムですが、ハイテク駐輪場と言えば詳しく見てみたい行政関係の方もいるのでは…?と思い、操作盤のアップをお届けします。コインを入れる場所などはなく、たしかにPiTaPaのようにICカードをかざすセンサーがあるだけです。説明は左から「借りるとき…カードをかざす→ロックを外す」「返すとき…ロックにはめる→カードをかざす」とすごくシンプルです。数字が二段に表示されるようになっています。日本のIC対応自動改札機と同じように、利用額と残額が出るのでしょうか?
カードはどこで買うのでしょうか?専用カードなのか、上海全域で使える共通交通カード(地下鉄もバスもタクシーにも乗れる!)が使えるのか?そこまでは中国語がわからないので…
こういうシステムも日本の北千里駅で世界で初めて実用化された自動改札機の末裔なのかも…と思うと、ニュータウン仲間としてはものすごーくこの「万博の町」に親近感を覚えてしまいました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る