府県もまたがるニュータウン(けいはんな学研都市)

「けいはんな学研都市」の一部である平城・相楽ニュータウンを再訪しました。学研都市は11もの地区(府県も3つ!)に分散しているので「1つの町」としての全体像はなかなか掴めません。近鉄高の原駅前のイオンもでかすぎて京都府(木津川市)と奈良県(奈良市)にまたがっています。駐車場内には「京都府」「奈良県」の表示があります。税金どうやって払うんだろう?面積比?住宅街としてはフツー、そつがなさすぎて面白味には欠けますが、奈良県側の「左京」「右京」「朱雀」「神功」という町名はすごいです。

この高の原駅付近の奈良県側にはリニア中央新幹線の「奈良県駅」が将来来るのでは…と言われているエリアで、そうなると国土軸に直結、大きく運命が変わる可能性もあります。2045年とか、ずいぶん先の話ですが…(その後、2037年まで予定は前倒しになりました。)

この投稿は2014年5月3日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る