遠くの町の仲間たち…大山田ニュータウン(三重)

つづいて桑名郊外の「大山田ニュータウン」へ。けっこう大きくて、まだ拡げている途中。町名は「星見ケ丘」「陽だまりの丘」…。少し内陸の、小高い丘の上に位置しています(全域が「丘町名」なわけではありません)。桑名は旧市街地が低い河口にあり、1959年の伊勢湾台風でもやられていますから「丘」であることが他の土地よりプラス価値として大きく受け止められるのかもしれません。

ニュータウンの入口には大きな巨大なイオンSCがありました。三重県はまさにお膝元です。だからと言って特別な趣向があるわけではありませんが…。今や日本中、とくにニュータウンぽい町にはどこにでもあるようなイオンですが、こういう立地で見ると、先鋭的な大都会でもなく、田舎でもなく、その中間の…とくに特長って探すのが難しいような…しかしそういう町は日本中にある…そういう「トカイナカ」でのちょっとした安心感とか日常的なハレ感を「同じように」供給するのが上手くてここまで成長したのかなあ…と、そんなことを考えました。それは結果的に「ニュータウン的なもの」と相性がいいわけです。

この投稿は2014年5月6日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る