白鳥がいる鶴山台(大阪)

大阪の南部、和泉市の鶴山台団地。ここは78ha、計画人口16,000人なのでニュータウンとしては大きくはないですが、「新住法」で造られ独立したエリアを形成しています。公団の平凡な中層団地(千里よりちょっとだけ新しいタイプ)なんですが、派手なサーモンのカラーリングと池の白鳥でなんだかロマンチック。ロシアみたい!(行ったことないけど…)あとはカモがいました。白鳥は写真には入れてませんがマイホームつきです。

手入れされた花壇もあり、静かで、しっかり守られている感じのミニ・ニュータウンでした。噴水がちゃんと出てるのもポイント高いですね。

この投稿は2014年8月24日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る