ニュータウンの隣もニュータウン(成田はなのき台)

成田ニュータウンは成田空港の開港(1978年)で増える空港関係者を受け入れるために1972年から入居が始まり、1987年に一応完成とされたニュータウンですから、千里ほどではありませんが年季はそこそこ入っています。計画人口6万人、現在の人口は3.3万人。
この奥に隣り合って2006年から入居が始まった若いニュータウンが成田はなのき台。計画人口3800人ですから藤白台の半分以下と小さいニュータウンですが、道一本でがらっと町並みが新しくなって異彩を放っています。町の入口にはモニュメントも…千里ニュータウンのと比べるともう大違いで、新入社員の名札みたいです。小中学校の校区は成田ニュータウンと同じということですから、藤白台と上山田の関係に似ているでしょうか。
成田は東京都心から60kmほどあり、この距離でいまなおニュータウンが造られているところに、首都圏経済のたくましさを感じます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る