行ってみなければわからない

開発から40年以上が経過した東北のニュータウンへ(再訪)。中心市街地から6kmあって、積雪地で丘の上にあり、オールドタウン化が言われている町ですが、行ってみると小学校は3つあって各学年2クラスで元の学校数を保っているし、センターのシャッターはおりていないし、路線バスは頻繁に走ってくるし(夕方は1時間5本もある!)、ゼッケンをつけたおじさんたちが帰宅途中の子供に付き添っています。

「町の実態」は、行ってみないとわからないものです。

この投稿は2014年9月17日にfacebookに投稿した文章を編集したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る