デザインと霧の旅

木曜日はヘルシンキに研究滞在中のO先生に一日市内を案内していただきました。ヘルシンキは地下鉄が1本、あとは路面電車が走り回っている規模のコンパクトな町です。印象的だったのは「霧の港」。ミラノでも見なかったような濃霧でしたが、ミラノとヘルシンキを組み合わせた今回の旅行は「デザインと霧の旅」とも言えるかも…(万博に見たいニュータウンくっつけたらこうなったんですが)。

散策するうちにもみるみる晴れていき、町の顔が変わります。かもめも飛んでいて、エキゾチックな東方教会もあり、函館みたいな感じかな~。

この投稿は2014年5月8日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る