ロータリー仲間だ!(フィンランド・タピオラ)

海外のニュータウンで見つけてうれしいのがロータリー。わが藤白台にもあるので一挙に「仲間感」が高まります。もとはと言えばニュータウンのルーツと言えるイギリスの田園都市レッチワースから広がったもので、ヨーロッパではニュータウンに限らず多数ありますが、ここタピオラでも…。ただしフィンランドは「車は右」のルールですから、ロータリーも右回りで回らなくてはなりません。

ロータリーの中心には彫像がありますが、千里のように植え込みなどにしてしまわないで、いたってシンプルですね。見通し上はこのほうが合理的です。

近年は日本でも「ラウンドアバウト」と呼ばれる環状交差点が正式に道路交通法の中に位置づけられたようですが、「ロータリー」と「ラウンドアバウト」は同じようなドーナツ状の形をしていても、日本では法規上は違うもののようです。(が、何度調べてもわからなくなってしまいます…)進入するときに一旦停止するかしないか、どちらが優先か、ウインカーをどう出すかなど、国によっていろいろ違うようです。

この投稿は2016年2月16日にfacebookに投稿した写真にコメントを加えたものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る