万国旗萌え~(カザフスタン・アスタナ)

万博会場から外に出てきました。幹線道路の中央分離帯に、万国旗がずらり!と並んでいます。やはり万博と言えば、これがなくては…。70年万博のときも夏休みの自由研究で国旗を調べたりしました。その頃から、ずいぶん国旗も変わりました。新しくできた国、なくなった国…。 万国旗は世界の縮図です。

背後は、団地(ここのデザインは、比較的おとなしそうです)。「万国旗+広い道路+団地」といえば、やはり千里に近い親しみを感じます。

カザフスタンも、1970年にはソ連の中の「カザフ」でした。国の中に国があって、それぞれの国旗もあるって、どういうこと?と思ったものです。その頃はソ連がなくなるなんてこと、想像もつきませんでした。

手前のプランターに、ちょっとEXPO2017のロゴが見えていますね。これは会期中だけなんでしょうか?こういう「臨時感」も、万博好きには萌えるポイントです。ロゴ入りプランターは、カザフスタンの万博コレクターに引き取られていったりするのでしょうか?持ち帰るには、ちょっと重そうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る