千里中央駅と万国博中央口駅、さらにキエフ

万博トリビア。写真は現在の千里中央駅ですが、天井の蛍光灯が建物に対して45度角度をつけて設置され、「簡素でモダン」なデザインになっています。一方リンク先は最近アップされた記事ですが、万博期間中だけ設置されていた北急「万国博中央口」駅。やはり天井の蛍光灯が45度角度をつけて設置され、千里中央駅と同じデザインになっていますね。

それだけのことですが、48年前に半年間で消えた万国博中央口駅と、万博終了翌日から48年間使われてきた千里中央駅の類似点に気がついている人はどれだけいるだろう?というネタです。

ちなみに千里中央駅は万博期間中だけ千里阪急ホテルの前あたりの中国道上り線敷地に「仮駅」としてあり、万博終了翌日から今の「本駅」に移りましたが、「本駅」も地上の商店街(現在の「せんちゅうパル」)と一体構造になっているため、万博前に造っておいて半年は地下で眠っていました。つまり万国博中央口駅と千里中央駅(本駅)は並行して造っていたということです。

万博終了後、撤去された万国博中央口駅から外したエスカレーターを千里中央駅に持って行ったという話をどこかで読んだか聞いたような気がしますが元が思い出せません…

さらに蛇足を加えると、こちらのリンク先は団地マニアで名高い大山顕さんによるウクライナはキエフの地下鉄レポートですが、長いページの中頃、「西の終点アカデミステーチュコ駅」が「千里中央駅だ!」と紹介されています。大山さんは島式の地下ホームの上層両側に商店街がある構造が「千里中央駅だ!」とおっしゃっているのですが、ここでも天井の柄が45度角度をつけていることまでは、単に偶然なのでしょうか?

この投稿は2018年11月17日~21日にfacebookに投稿した文章・コメントに加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る