この2020年3月は、1970年3月の万博開催から50年の節目で、千里ニュータウンの中心である「千里中央」のいろいろな施設がスタートしてから50年!の記念すべき月でもありました。

それがこういう事態(コロナウイルス感染拡大)と当たってしまい、気分がシッケてしまうことこのうえないですが…きのう千里中央に行ってみたら、せんちゅうパルの「パルやま」はご覧のようなにぎわいでした。ちょっと寒いけど、アウトドアだしねー。

全体ではやはり人出は減っている感じですが、平日の晩は、都心から早く帰ってきた勤め人が、家での退屈に耐えられなくなってきた家族と食事したりするのでえらく混んでいた…という証言もあり、変化は単純ではないようです。

「千中」は「ハレ」と「ケ」の両方の要素があるんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る