故事にちなんだ団地ゲート(シンガポール・アンモキオ)

(2018年7月に訪問した時の記録です。)「アンモキオ」という地名は漢字では「宏茂橋」または「紅毛橋」ですが、そこには少し不思議な故事が伝えられています。その主人公、レディ・ウィンザーが亡くなったのは1963年と言いますから僕が生まれたより後ではありませんか。それほどシンガポールは最近になってから発展したということです。

その前から「紅毛」とは白人をさす一般的な表現で、日本語でも「紅毛碧眼」という表現がありますね。日本語ならば「異人橋」といったところでしょうか。少し物悲しい響きがあります。

そんな物語をたたえた「アンモキオ」団地のゲートは、たぶん故事にちなんだデザインなのでしょう。色、赤いし。しかしあくまでもモダンで、高層棟の壁面もカラフルで楽しいです。悪趣味に見えないのは包み込む緑が濃いからか、彩度をコントロールしているからでしょうか。

一応チェックゲートのバーがあり、用のあるクルマしか入ってこられないようになっていますが、厳重なロックダウンという感じでもありません。人は自由に歩いて入れます(監視カメラで見られているとは思いますが…)。

オープンさと安心感、過去への敬意とモダンデザイン。いい感じで調和してるなと、けっこう気に入ってしまいました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る