UA-148035908-1

Googleマップを頼りに面白そうな街区構成の一画があったので行ってみると、そこはシニア専用の住宅街でした。 「Waverley Park」 から近い「Cumberland View」という「リタイヤメント・ビレッジ」。

自活できる人が入るタウンハウス式の「Retirement Living」(この写真)と、介護が必要になった人が入る大きなセンターのような建物の「Aged Care Living」の2つに大きく分かれています。入口にゲートはなく誰でも入れますが、中の道はくねくね曲がっていて、用のある人しか入ってこない工夫がしてあります。

自分用の庭もあってコミュニティ・センターもあって、ここで暮らせる人は恵まれた人たちと言えるのでしょう。viewと名乗るだけあって、おだやかな北側斜面(北側ですよ!南半球ですから!)に町全体が乗っかっています。

日本でもこのような住宅地は「日本版CCRC」として進める動きがあり、僕も行ってみたことがありますが、なかなか「すごくメジャー」にはならないようです。こういう町が、すごく田舎ではなく、メルボルンという都市の中にあるのはいいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る