UA-148035908-1

韓国のニュータウン(果川新都市)です!

ズラッと並んだ高層住棟…やってきましたここはソウル南郊の果川新都市。ニュータウンです。「果川」は Gwacheon で「グヮッチョン」と読みます。約230ha(千里の住区2つ分ぐらいの広さ)に7万人近くが住んでいるというので、かなり人口密度高いです。韓国の中では「老舗」のニュータウンで、1980年代初頭からの開発。韓国の経済発展は、ちょうど1964年の東京五輪と1988年のソウル五輪の差ぐらい時期がずれているようです。

中には団地が12個もあり(12棟じゃないですよ、12団地!)、この写真は8団地(住棟番号の百の位が団地の番号)。南面平行配置ですね。囲まれた広場のような場所にはコンパクトなサブセンターというのでしょうか、お店と管理事務所があります。テニスコートも見えますね。クルマは相当多くて路駐になっているのも見えます。

ソウルからは地下鉄で10分ぐらい!老舗だけあって抜群のアクセスです。山一つ越えて道路は一本しかないので、クルマだと朝夕は相当渋滞するようですが…。まあ新御堂みたいなものかな。果川新都市は「韓国の千里ニュータウン」と言ってもいいでしょう。市の公式サイトは日本語もあります!(メイン市街はほぼニュータウンなんですが、団地のこと書いてないのが残念…)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 10日

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る